カテゴリー
コーディング

Python条件文(if、辞書の活用)

Pythonの条件文について簡単に学びましょう。

if文

test = 5

if test < 10:
    print("It's True.")

結果は次のとおりです。

It's True.

条件が1つしかないifステートメントです。

10は5より小さいため、条件が真になり、「It’s True.」フレーズが出力されます。

test = 15

if test < 10:
    print("The first condition is True.")
elif test < 20:
    print("The second condition is True.")

結果は次のとおりです。

The second condition is True.

上記の場合は、2つの条件を持つif / elifステートメントです。

条件が 2 つ以上ある場合は elif 文で追加するだけです。

ここで、15は10未満ではないので、最初の条件が満たされず、20より小さいので、2番目の条件が満たされ、「The second condition is True.」が出力されます。

2つの条件がすべて満たされないと、何も出力されません。

test = 30

if test < 10:
    print("The first condition is True.")
elif test == 20:
    print("The second condition is True.")
else:
    print("Not all are True.")

結果は次のとおりです。

Not all are True.

条件がすべて満たされない場合も処理するためにelse文を追加しました。

30は10未満ではなく20と等しくないため、else文に作成された「Not all are True.」が出力されます。

辞書データ型の活用

test = 5

result = {0:"zero", 5:"five", 10:"ten"}.get(test, "default")
print(result)

結果は次のとおりです。

five

辞書データ型を使用すると、C言語ベースに存在していたswitchステートメントと同様の機能を実行できます。

データが辞書に含まれているキーと一致する場合は、そのキーの値を取得する原理を使用しました。

一致する値がない場合、default が出力されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ja日本語